2019年度新しくなったチャレンジイングリッシュを試してみた!

こんにちは、はるぼーママです(^^)

進研ゼミ小学講座の受講者は、2019年度からチャレンジイングリッシュを追加費用なしで利用できるようになりましたね。

我が家の長男も、今年の春にはいよいよ小学1年生。

年中からこどもちゃれんじを続けてきた長男は、そのままチャレンジ1年生を受講することに決めました。

【チャレンジ1年生レビュー】楽しく、学校の勉強を得意にできる!
こんにちは、はるぼーママです(^^) 長男も、この春から小学1年生になりました。 就学後の通信教材をどうするか...

ということで、早速新しいチャレンジイングリッシュを体験してみましたので、レポートしてみたいと思いますp(^^)q

ゲームのように楽しく、その上体系的にしっかり英語を学べるので、子供にとっても親にとっても嬉しい英語教材でした!

チャレンジイングリッシュとは?

そもそもチャレンジイングリッシュとは、なんなのでしょうか?

チャレンジイングリッシュとは、英語の4技能「聞く・話す・読む・書く」を自宅のパソコンやタブレットなどを学ぶことができる進研ゼミ小学講座受講者向けのサービスです。

2018年度までは外国人講師とのオンラインレッスン(マンツーマントーク)付きの有料オプション講座だったそうですが、2019年度からは無料で使うことができるようになりました。

ちなみに、それにともなってマンツーマントークは972円/回の有料オプションに変更になっています。

本講座でも学年に応じた英語を学ぶことができますが、チャレンジイングリッシュではそれぞれの子供の習熟度に応じて最大高校卒業レベルの英語まで学ぶことができるそうです。

チャレンジイングリッシュを実際に使ってみた

チャレンジイングリッシュのサービス開始の2018年3月25日に早速利用してみました。


初めてのチャレンジイングリッシュ前、長男は「英語の勉強~?どうしてもやらなきゃいけないの?」とかなり嫌がっていました。

が、実際やってみると、ゲームのような画面にすっかり虜に(笑)。

初めは1回5分ほどのレッスンを週5日取り組む約束でしたが、自ら「毎日やる!」と言い出しました。

チャレンジイングリッシュのここがすごい

「チャレンジイングリッシュのここがすごいな~」と感じたところをまとめてみました。

ゲームのように遊びながら楽しく英語を学べる

さすがベネッセ!

とにかく子供の興味を惹きつける工夫がすごいです。


レッスンを受け続けることでミッションがクリアでき、バッジがたくさん集まり、さらに社内での立場も上がっていくようです。

ミッションとかバッジとか昇進とか(笑)。

6歳男児には魅力的なご褒美らしく、ゲームをするかのように大喜びで積極的に勉強しています。

さらには、1日1回勉強することで日々コインが貯まって、カードが買えたり、世界旅行に行けたりするそうです(笑)。


これが長男が自主的に毎日勉強している理由。

「あと〇日勉強すれば、このカードが買える!」と嬉々として勉強しています。

英語が体系的にしっかり学べる

チャレンジイングリッシュはただ楽しいだけではなく、レベルごとにカリキュラムがしっかり考えられていて、子供の英語レベルに応じて「聞く・話す・読む・書く」の4技能をバランスよく学ぶことができます。

毎日1レッスンずつ取り組めば、1か月で1ステップ、1年で1レベル終了できるようです。

このようなゲーム形式のオンラインレッスンだと「ただ遊んでいるだけで、全く身についていないのでは?」と心配になってしまいますが、1ステップ・1レベルごとに診断テストを受けて、しっかり定着しているか確認することができるので安心です。

さらには、年に一度「GTEC Junior Online」という英語4技能を測定できるWebテストを受験することができるようです。

また、紙教材のワークブックも年二回届けてくれるようです。

紙教材がある方がしっかり勉強しやすいですよね(^^)

こんなに至れり尽くせりなのに、本講座の受講費用のみで使えるなんてすごいな~!

親が子供の取り組み状況を把握できる

親が子供の取り組み状況を把握しやすいのも、チャレンジイングリッシュの嬉しいところです。

チャレンジイングリッシュでは、「おうちのかたウェブ」というサイトで子供の学習記録を確認することができます。

メールでも毎回報告が来ます。

さらには、子供とメールのやりとりをして、子供のモチベーション管理をすることもできます。

長男からの「ぼく、がんばったよ!」の報告。その都度、送りたいスタンプを選べます。


母からの応援メッセージ。保護者はスタンプと自由メッセージが遅れます。

こんなので喜ぶなんてかわいい(*^^*)

チャレンジイングリッシュで改善してほしいところ

チャレンジイングリッシュには大満足で、長男の英語学習はしばらくこれ一本でやっていくつもりですが、不満な点もあります(-_-)

それは、スピーキングのレッスンがうまくいかないこと。

通常は、きちんと話せていると、「OK!じょうずにいえてるよ」と褒めてくれることになっているのですが・・・。

きちんと言えてるのに、「Not good」と表示されることが多いのです・・・。

これ、本当に長男のモチベーションが下がるので勘弁してほしいです( ;∀;)

保護者サポートページに対策として「マイクの音量を最大にすること」「一拍置いて言うこと」が書いてありましたが、全然だめ!

全く違う言葉を言っても「ok!じょうずにいえてるよ」が出ることも多いので、「そんなに精度が低いのなら、いっそのこと常に褒める仕様にすればいいのでは!?」と思います(-_-)

チャレンジイングリッシュに取り組んでいる子の多くは英語へのモチベーションがそこまで高くないと思うので、発音の正確さよりも英語嫌いにならないことを最優先にしてほしいです。

せっかく英語へのモチベーションが上がってきた長男の気持ちを落とさないで~!

切実に!!

お願いします( ;∀;)

まとめ

今日は、2019年度に新しくなったチャレンジイングリッシュのレビューをしてみましたが、いかがでしたか?

スピーキングレッスンの精度の低さは唯一の不満点ですが、ベネッセさんのことなのできっと後々に改善してくれることでしょう(^^)

それ以外は、英語の4技能「聞く・話す・読む・書く」をしっかり学べる上に、子供が積極的に取り組む工夫が満載で大満足な英語講座でした!

就学後の長男の英語学習をどうしようかと悩んでいたので、元々受講予定だった進研ゼミ小学講座ですべて完結しそうで良かったです。

ラッキーでした(^^)

皆さんも、もしよかったら、試してみてくださいね(^^)

【追記】後日、有料オプションのオンライン英会話レッスン「マンツーマントーク」も始めました!

チャレンジイングリッシュのオンライン英会話「マンツーマントーク」を小1長男がやってみました!
こんにちは、小1&年少の男の子育児中のはるぼーママです(^^) 我が家の長男はチャレンジ1ねんせいを受講中で、追加受講費が不...

以上、「2019年度新しくなったチャレンジイングリッシュを試してみた!」でした♪

小学生向け通信教育おすすめ記事