東京・四谷の消防博物館に5歳と2歳の男児連れで行ってきました!

こんにちは、はるぼーママです(^^)


ゴールデンウィークに、長男(5)と次男(2)を連れて、東京・四谷にある「消防博物館」に行ってきました。

緊急車両が大好きな次男は、たくさんの消防車と救急車を間近で見て、大興奮!

年長の長男は、消防の仕事や歴史を楽しく学んでいました。


こんなに楽しく遊べて学べる施設が「無料」とはすごい!!


今日は、消防博物館へのお出かけレポートをお送りします(^^)

スポンサーリンク

消防博物館とは

消防博物館とは、東京・四谷にある東京消防庁の施設です。




入場料は無料で、子供から大人まで楽しく消防の歴史や仕事を学ぶことができます。


定番のコスプレ。




消防車に乗ってみたり。




屋外の消防ヘリコプターにも乗れます。




消防の歴史も学べます。




もちろん災害についても学べます。




火消しゲームもありました。


消防博物館のアクセス

消防博物館は、丸ノ内線の四谷3丁目駅直結です。


ですが、都心の地下鉄はベビーカーに優しくないことが多いので、私はJR四ツ谷駅から歩いていきました。

JR四ツ谷駅から消防博物館までは1キロ弱なので、5歳の子供と寄り道しながらダラダラ歩いても、20分ほどで着きました!


歩くと体力がつき、その体力は将来の学力の基礎となるそうです。

なので、我が家では休日のお出かけの時にも、できるだけ意識して歩くようにしています。


他に、JR信濃町駅や都営大江戸線の曙橋駅も最寄駅です。

消防博物館での飲食

消防博物館に着いたのは11時前だったのですが、長男が「お腹がすいた!」と言ったので、まずは昼食をとることにしました。

消防博物館には飲食できる休憩室があるということだったので、事前にコンビニで昼食を買っておきました。


JR四ツ谷駅から消防博物館までの道には、コンビニがいくつもあって、昼食の調達には困らない感じでした。

ファミレスやファーストフード店など、子連れで気軽に入れそうな飲食店もありました。


消防博物館の休憩室は、10階にあります。

消防博物館の職員の方も利用されているようで、お昼は混み合うこともあるみたいですが、ゴールデンウィーク中でも11時前は貸切状態でした。




眺めがとても良かったです。




自動販売機もありました。



消防博物館の授乳室やオムツ替えスペース

消防博物館は、授乳室やオムツ替えスペースも充実していて、赤ちゃん連れでも安心な施設でした。




新しくはありませんが、掃除もきちんとされていて、清潔でした。


10階の授乳室と多目的トイレです。

子供用便座があるのがすごい!!


混雑状況は日によるとは思いますが、私が行ったゴールデンウィーク初日はまぁまぁ空いていて、エレベーターもそんなに待ちませんでした。

後日行った京橋の警察博物館は狭い上に大混雑で、ベビーカー移動が本当に大変でした!

外濠公園へ

消防博物館を2時間半ほど満喫した後は、JR四ツ谷駅近くの外濠公園で遊びました。

総武線が間近で見ることができる男の子大喜びの公園です。


消防博物館から外濠公園までは1キロちょっと。


外濠公園には、JR市ケ谷駅近くとJR四ツ谷駅近くの2か所に遊具広場があるそうです。

本当はどちらも行きたかったのですが、道に迷って四ツ谷駅近くの遊具でしか遊べませんでした。


四ツ谷駅近くの遊具広場はこの辺りにあります。




複合遊具(^^)



砂場もありました。



電車を見ながら、普通のブランコ。



珍しいデザイン!



すぐ近くにきれいな多目的トイレがありました!


室内だけのお出かけだと2歳の次男には運動量が足りないようで、帰りの電車でぐずってしまうことが多いです・・・。

本当は長男と同じように歩かせてあげたいのですが、次男を歩かせるとそれだけで1日が終わってしまうので(汗)


ですが、帰宅前に公園遊びを1〜2時間入れると電車でもお利口さんにしてくれることが多いので、最近は帰りの電車前に公園遊びをしています。


しつこいですが、幼児期に様々な体の動きをすることで脳の発達が促されるそうです。

なので、お出かけの日には、珍しい遊具のある公園を探して行くようにしています。


まとめ

今日は、東京・四谷にある消防博物館のお出かけレポートをお送りしましたが、いかがでしたか?


消防博物館は、

  1. 幅広い年齢層の子供が楽しく学べる
  2. 赤ちゃん&幼児連れに優しい設備
  3. びっくりの無料!!

の素晴らしいお出かけスポットでした。


良かったら、行ってみてくださいね(^^)


消防博物館の公式ホームページはこちら


以上、「東京・四谷の消防博物館に5歳と2歳の男児連れで行ってきました!」でした。