早生まれ次男、こどもちゃれんじ ぽけっとのワークをやってみた!

こんにちは、はるぼーママです(^^)


我が家の早生まれ次男は、この4月からこどもちゃれんじ ぽけっとを始めました。





昨日の記事で、「こどもちゃれんじ ぽけっとのワークは、次男には難しすぎる。だから、次男がもう少し成長してから取り組む!」と書きました。


ですが、試しに少し取り組んでみたら、「今すぐ取り組んだ方がいい!」と考えが変わりました。

「こどもちゃれんじ ぽけっと」のワークは、新しいことを学ぶ導入に使う

我が家の長男は、年中からこどもちゃれんじを始めました。


なので、長男のワークの使い道としては、もっぱら子どもの理解度の確認

ワークで苦手分野を見つけ、普段の遊びで補う」という形を取っていました。

(※幼児期には、ワークよりも実際に手を動かす遊びが大切です。)


なので、こどもちゃれんじ ぽけっとのワークも同じように使うつもりでいたのですが・・・。


こどもちゃれんじ ぽけっとのワークの使い道は、年中向けすてっぷや年長向けじゃんぷとは全然違うんですね!!


こどもちゃれんじ ぽけっとのワークは、新しいことを学ぶ導入として使うべきものでした!

「ぽけっと(2、3歳)」と「すてっぷ(年中)」「じゃんぷ(年長)」の教材の使い方の違い

「ぽけっと(2、3歳)」と「すてっぷ(年中)」「じゃんぷ(年長)」は、それぞれの教材の使い道が全く違うと感じました。


すてっぷ(年中)」と「じゃんぷ(年長)」では、エデュトイとDVDで新しいことを学んだあと、ワークで理解度や定着度を確かめます。


一方、「ぽけっと(2、3歳)」では、ワークとDVDで新しいことを学ぶための導入をし、エデュトイで繰り返し遊ぶことで定着をします。

早生まれ次男、ワーク取り組みの様子

丸・三角・四角の仲間わけ

エデュトイなどで丸・三角・四角の具体物に触れる機会はあっても、形と名前は一致していなかった次男。

このワークをやることで、「形にも名前がある」ということがなんとなく分かったようです。

高いのはどっち?

高さ比べはしたことがなかったので、積み木で高さ比べをしてから、ワークに取り組みました。

あまり理解していない様子でしたが、良い導入になりました。

お弁当作り


一人用のお弁当箱を使ったことがなかったので、「お弁当箱に食べ物を詰める」ということがよく分かっていませんでした。


「ママ」「パパ」「ミンミ(みみりん)」と呼びかけながら、一人一人にオカズを配っていました(笑)


このワークをしたことで、「本物の野菜や果物に触れながら、名前を教えることを全然していなかったな〜」と反省しました。

まとめ

今日は、こどもちゃれんじ ぽけっとのワークをやってみた感想を書いてみましたが、いかがでしたか?


3月末が誕生日の超早生まれ次男でも、有効活用できましたので、良かったら使ってみてください(^^)


以上、「早生まれ次男、こどもちゃれんじ ぽけっとのワークをやってみた!」でした。