こどもちゃれんじすてっぷイングリッシュのレビュー。英語の苦手意識克服にぴったり!



幼稚園での英会話レッスンですっかり英語嫌いになってしまった長男(年中)のために、「こどもちゃれんじすてっぷ イングリッシュ」を始めました。

これが長男にはぴったりの良い教材だったので、レビューをしたいと思います。





幼稚園での英会話レッスンで英語嫌いになってしまった5歳の長男



我が家の長男が通う幼稚園では、週に一度、外国人講師による簡単な英会話レッスンがあります。

内容としては、英語の歌を歌ったり、ゲームをしたり、というお遊び程度の本当に簡単なものです。

私は元々幼児期からの英語教育には消極的で、幼稚園での英会話レッスンもただ楽しんでくれればいいと思っていました。

が、幼稚園の先生に聞いてみると、我が家の長男は英会話レッスンに参加するのを嫌がって、教室の隅で小さくなっているとのこと。




今って、赤ちゃんの頃から英語教室に通わせる家庭が多いですよね。

なので、幼児であってもある程度英語が分かる子が多いです。


一方、我が家の長男は、簡単な色や数字でさえも英語でなんというか分からない。

そんな環境のなかで始まった幼稚園での英会話レッスン。

失敗や間違いが大嫌いな我が家の長男は、周りの子と自分の英語への理解力の差を感じて、英語が大嫌いになってしまったみたいなんです。

子供の英語教材はどれも高額すぎる!安価な「こどもちゃれんじ イングリッシュ」

「このまま英語嫌いを克服できないとまずいな〜」と感じて、さまざまな幼児向けの英語教材を調べてみました。

びっくりしたのが、その金額!

子供向けの英語教材って、本当に高いですよね〜!!




そんななか定期購読している「こどもちゃれんじ すてっぷ」の英語教材は、1ヶ月1500円ほどだということだったので試しに取ってみることにしました。

こどもちゃれんじイングリッシュのエデュトイで英語嫌いを克服!ステッピーペンとステッピーブックが超いい!!

結論からいうと、長男の英語嫌いはこどもちゃれんじイングリッシュ1回分の教材で簡単に克服できました。

こどもちゃれんじ すてっぷ イングリッシュに入会して初めて届いた教材がこちら。写真にはありませんが、この他にDVDと親向けの冊子もありました。



音の出るペンと本は子供の英語教材の定番ですね。

歌が流れたり、ゲームもできるので、長男は喜んで遊んでいます。


DVDもリモコンで問題に答えることができるので楽しそうです。


【追記】
先日、年長になった長男の英語参観に行ってきました。

年中の英語参観では、まったくレッスンに参加せず、一人教室の隅で小さくなっていました。

が、今回は本当に楽しそうに積極的に参加していて、感動しました( ノД`)

こどもちゃれんじイングリッシュのおかげで、分かる単語やフレーズが増えて、なにより「僕は英語ができるんだ!」と自信がついた様子。

こどもちゃれんじイングリッシュを受講して、本当によかったです( ノД`)

こどもちゃれんじイングリッシュだけで英語力を身につけるのは難しいかも

ただ、こどもちゃれんじイングリッシュだけで英語力をしっかり身につけるのは難しいかなぁと感じました。

「子供をバイリンガルに育てたい!」というようにしっかりおうち英語に取り組みたい方にとっては、日本語の解説も出てきますし、英語を聞く量も読む量もとても少なく感じることと思います。

一方、「幼稚園や保育園の英語レッスンを嫌がっている・・・」「小学校で本格的に勉強する前に、少しだけ英語に慣れていてほしい」という我が家のような家庭の方には、こどもちゃれんじイングリッシュはおすすめです(^^)


【追記】
長男が1年生になり、小学生向けのチャレンジイングリッシュを試してみました。

楽しく、かつ体系的に英語を学べる良い教材でした!

「英語は義務教育からで充分!」という方は、就学前はこどもちゃれんじイングリッシュで英語に慣らしておいて、小学校入学後からチャレンジイングリッシュで学ぶといいかもしれません(^^)

2019年度新しくなったチャレンジイングリッシュを試してみた!
こんにちは、はるぼーママです(^^) 進研ゼミ小学講座の受講者は、2019年度からチャレンジイングリッシュを追加費用...

まとめ

今日は、こどもちゃれんじイングリッシュのレビューをお届けしましたが、いかがでしたか?


「本格的に英語育児をしたい!」という方には向かないかもしれませんが、子供の英語への苦手意識を克服させたい我が家にはぴったりの楽しい教材でした。

また、「英語育児をしているけど、子供が英語を嫌がり始めている・・・」という方も、スポット的に使ってみると、またお子さんが英語の勉強を楽しんでくれるきっかけになるかもしれません。

我が家では今後英語教育をする予定はありませんが、小学3年生から始まる小学校での英語の授業をスムーズに苦手意識なく取り組めるように持っていくことが今後の課題です。

どうしようかな。

以上、「こどもちゃれんじすてっぷイングリッシュのレビュー。英語の苦手意識克服にぴったり!」でした。