かいけつゾロリのミュージカルを、小1&3歳の子どもたちを連れて、観に行ってきました!

こんにちは、小1&年少の男の子育児中のはるぼーママです(^^)

先日、長男と次男を連れて、かいけつゾロリのミュージカルを観に行ってきました。

面白いストーリーに楽しい歌と踊り、それに大きな声でゾロリを応援したりもできる参加型のミュージカルでしたので、ゾロリが大好きな長男はもちろん、あまり知らない次男も、とっても楽しんでいました!

ということで、今日は、劇団俳協「かいけつゾロリ まほうつかいのでし」の観劇レポートをお送りします(^^)

スポンサーリンク

幼稚園でチラシを貰ってきた

そもそも、どうしてゾロリのミュージカルに行くことになったかというと、長男が幼稚園でチラシを貰ってきたからです。

長男は、幼稚園年長になる前の春休みにゾロリにハマり、シリーズ全巻を何度繰り返し読んだか分からないほどで、私としても、そんな長男の様子を暖かく見守ってきましたが、映画を観たり、イベントに行ったり、わざわざ掘り下げる必要はないと考えていました。

ですが、近所で観れるというのなら話は別です。

チケットも大人2,000円子ども1,500円ほどと手頃でしたし、久しく舞台を観に行っていなかったこともあり、行くことにしました。

チラシには作者の原ゆたかさんのコメントもあったので、「内容もきっとしっかりしてるんだろうな」と安心できました。

歌と踊りあり、観客参加型の楽しいミュージカル

当日会場に来ていたのは、年長~小学校低学年くらいの子が多かったです。

かいけつゾロリを好きなのは、それくらいの年齢の子どもたちですよね。

ですが、小学校中学年以降の子たちもいましたし、逆に未就園の小さな子たちもいました。

かいけつゾロリの本は小学校高学年の子たちにも人気があると聞きますし、今はテレビアニメも放送されているので、まだ本は読めない小さな子たちにも人気があるそうですね!

上演時間も1時間ほどなので、小さい子でも安心ですよね。

内容としては、かいけつゾロリの本にもある「まほうつかいのでし」と同じです。

ゾロリの本を読みこんでいる長男は「少し違うところがある」と言っていたような?

でも、特に違和感なく観ることができていたようです。

歌や踊りありの楽しいストーリーだったので、ゾロリの内容を詳しく知らない次男も楽しんでいました。

会場が一体となってゾロリの応援をする場面もあったので、終始シーンとしているわけではなく、小さい子の観劇デビューにもぴったりだと感じました。

万が一、次男が泣き出してしまった場合には会場の外に出ようと考えていましたが、その場合でも長男一人で観劇を続けられそうな雰囲気でした。

今回は親子共にジーパン&スニーカーで行ってしまって、そんな人もたくさんいましたが、きちんとした格好をしているお友だちに会って、「一応観劇なんだから、ちゃんとしてくれば良かった」と少し後悔・・・(^^;)

憧れのゾロリ先生と対面できて大感激の長男

休憩はありませんでしたが、楽しくてあっという間の1時間でした。

二人とも「楽しかった~!」と大喜び。

会場の外に出ると、役者さんたちが衣装のまま出迎えてくれました。

もちろん写真を撮りたがる長男(笑)

こういうのって普通は長蛇の列ですが、今回は小さい会場だったので数分並ぶだけで順番が来たので助かりました。

憧れのゾロリ先生と握手をして、写真を撮ってもらって長男は大喜びでした。

本格的な観劇に連れて行きたい気持ちはありますが、二人ともまだまだ無理そうなので、しばらくはこういった子ども向けのカジュアルな舞台を楽しもうと思います(^^)

まとめ

今日は、劇団俳協「かいけつゾロリ まほうつかいのでし」の観劇レポートをお送りしましたが、いかがでしたか?

とっても楽しい観客参加型のミュージカルで、ゾロリが大好きな長男も、よく分かっていない次男も、大満足の様子でした。

機会があったら、あなたもぜひ行ってみてくださいね(^^)

以上、「かいけつゾロリのミュージカルを、小1&3歳の子どもたちを連れて、観に行ってきました!」でした。